Home > 学校生活 > カリキュラム

カリキュラム

本校の教育目標を達成させるにふさわしいカリキュラムを編成し、学力の充実を図っています。

第1・2学年用

1年 2年 3年 3年(医・理工志望)
科目 単位数 科目 単位数 科目 単位数 科目 単位数
国語総合 4 現代文B-I 2 現代文B-II 3 現代文B-II 3
    古典B 3        
現代社会 3 世界史B 3 日本史B 3 選択社会 ※3 3
        地理B 3    
数学Ⅰ 3 数学Ⅱ 3        
数学A 3 数学B 2        
生物基礎 3 物理基礎 3 地学基礎 3 地学基礎 3
    化学基礎 3        
体育 2 体育 2 体育 3 体育 3
保健 2 柔道 1        
芸術 ※1 2 芸術 ※1 2        
CEⅠ ※4 2 CEⅡ ※4 4 CEⅢ ※4 4 CEⅢ ※4 4
英語表現Ⅰ 2           
    第二外国語 2        
家庭基礎 2            
社会と情報 2            
        選択科目 ※2 9 選択科目 ※2 12
        卒業研究 2 卒業研究 2
HR 1 HR 1 HR 1 HR 1
合計 31 合計 31 合計 31 合計 31
  • 音楽・美術からいずれか1科目選択
  • 選択科目は3年次に設定し、医学部・理工学部への進学を希望する者は12単位、それ以外の者は9単位を履修する。
  • 医学部か理工学部のどちらかを希望する場合、または両方を希望する場合の3年次の社会は、日本史Bか地理Bから選択する。
  • CEはCommunication Englishの略

必修科目

1・2年次は必修科目(選択必修科目を含む)のみを履修し、3年次を含め全学年を通じて必修科目を中心に学習することで、特定の分野に偏らない幅広く豊かな知性と教養を獲得します。3年間を通して、理科は4科すべてを、地歴・公民も4科すべて(医学部・理工学部への進学希望者を除く)を履修し、英語は習熟度別に自分の力に合わせた学習ができます。第二外国語も2年次に全員が学び、すべての教科の学習を通して多様な視点や価値観・考え方に触れることになります。「智徳」の根幹を養い、「全社会の先導者」になるために、バランスのとれた総合的な学びを目指しています。

選択科目

3年次には選択科目を置き、生徒各自の進路や知的興味に応じた専門的で学究的な知性と教養を獲得します。1・2年次に学習した基礎教養としての各教科の必修科目を土台にして、それぞれの知的関心を刺激し、大学進学を視野に入れた準備をしていきます。

卒業研究

3年次の卒業研究では、各教科が用意する多様な講座の中から、生徒各自がそれぞれの知的興味やニーズに合ったものを選び、論文や作品・実験記録等を作成します。必修科目の学習を通して獲得した教科横断的、あるいは専門的な知識を活用しつつ、テーマを絞った研究や学習をする中で、問題発見能力・問題解決能力・思考力・表現力等の総合的な知性を養います。

日吉協育モデル

2018年の開設70年を機に、高等学校は「正統と異端イノベーションの協育」を掲げ、「日吉協育モデル」と名付けた新たな教育を展開しています。

【1】「正統」の鍛錬 :
 高等学校での3年間は、生涯にわたる人間としての素地となる教養、その基盤を築く貴重な期間にあたります。歴史に鍛え上げられた揺るぎない伝統を堅持しつつ、この素地を形作るための核となる教育を「正統」の教育と位置付け、その充実をはかります。

【2】「異端」の気概 :
 多彩かつ多様な個性を持ったさまざまな生徒が集うことは、高等学校の大きな特徴です。これを活かし、「昔年の異端妄説は今世の通論なり、昨日の奇説は今日の常談なり」(福澤諭吉『文明論之概略』)にいう「異端」の志を磨き、社会にイノベーション(革新)を起こす気概を育みます。

【3】「協育」の実現 :
 「正統」を鍛え「異端イノベーション」を磨くにあたり、生徒同士はもちろんのこと、教職員および保護者、同窓生、義塾内外の団体や個人、さらには日吉キャンパスに集う方々等とも広く協力しながら、さまざまな学びのプログラムを構築し実践します。義塾が掲げる「半学半教」「社中協力」の精神に基づき、相互に学び、教え合う教育、すなわち「協育」を創造します。

 日吉キャンパスにおける「正統と異端イノベーションを兼ね備えた人物」の「協育」は、高等学校のみならず、義塾全体にも刺激を与える新たな教育のモデルになると考えます。そのためこれを「日吉協育モデル」と名付けています。

協育プログラム

「正統」と「異端イノベーション」を兼ね備えた人物を育むために、そして「協育」を実践し具現化するために、高等学校独自のプログラムを開設し、展開しています。「協育プログラム」は、高等学校はもちろん、本塾大学の学部・大学院・研究センターや法人・団体あるいは個人(卒業生)の協力のもと、生徒諸君が自らの関心や知的好奇心、能力に応じて技量等を伸ばす機会を提供するものです。高等学校のカリキュラムの中核をなす必修科目以外の時間、例えば選択科目や卒業研究の時間、さらには放課後や休業期間を使って、課外講座という形で用意される多くのプログラムの中から、生徒自身が自主的に選び、それに参加することで「正統」と「異端イノベーション」の協育をはかることが「協育プログラム」の目的です。

□2018年度実施および実施予定の「協育プログラム」□
 リポビタンDマーケティング実践講座(大正製薬協育プログラム)
  第3学年「卒業研究」の一講座として実施
 “食と健康”講座(グリーンハウスグループ協育プログラム)
  第3学年選択科目「家庭演習」の授業内で実施
 減災学講座(ジオ・サーチ協育プログラム)
 公認会計士入門集中特別講座(同窓会協育プログラム)
 公認会計士特別講演会(保護者対象)(同窓会協育プログラム)
 将来展望講座
 法科大学院(ロースクール)協育プログラム
  第3学年選択科目「法律入門」および第3学年「卒業研究」の授業内で実施
 教養研究センター実験授業「日吉学」
 TEDx Keio High School
 異端のすゝめ
 理系ノスヽメ
 地下壕見学会
 慶應科学講演会
 国立天文台見学会

第3学年用

1年 2年 3年 3年(医・理工志望)
科目 単位数 科目 単位数 科目 単位数 科目 単位数
国語総合 4 現代文B-I 2 現代文B-II 3 現代文B-II 3
    古典B 3        
現代社会 3 世界史B 3 日本史B 3 選択社会 ※3 3
        地理B 3    
数学Ⅰ 3 数学Ⅱ 3        
数学A 3 数学B 2        
生物基礎 3 物理基礎 3 地学基礎 3 地学基礎 3
    化学基礎 3        
体育 2 体育 2 体育 3 体育 3
保健 2 柔道 1        
芸術 ※1 2 芸術 ※1 2        
CEⅠ ※4 2 CEⅡ ※4 2 CEⅢ ※4 4 CEⅢ ※4 4
英語表現Ⅰ 2 英語表現Ⅱ 2        
    第二外国語 2        
家庭基礎 2            
社会と情報 2            
        選択科目 ※2 9 選択科目 ※2 12
        卒業研究 2 卒業研究 2
HR 1 HR 1 HR 1 HR 1
合計 31 合計 31 合計 31 合計 31
  • 音楽・美術からいずれか1科目選択
  • 選択科目は3年次に設定し、医学部・理工学部への進学を希望する者は12単位、それ以外の者は9単位を履修する。
  • 医学部か理工学部のどちらかを希望する場合、または両方を希望する場合の3年次の社会は、日本史Bか地理Bから選択する。
  • CEはCommunication Englishの略

必修科目

1・2年次は必修科目(選択必修科目を含む)のみを履修し、3年次を含め全学年を通じて必修科目を中心に学習することで、特定の分野に偏らない幅広く豊かな知性と教養を獲得します。3年間を通して、理科は4科すべてを、地歴・公民も4科すべて(医学部・理工学部への進学希望者を除く)を履修し、英語は習熟度別に自分の力に合わせた学習ができます。第二外国語も2年次に全員が学び、すべての教科の学習を通して多様な視点や価値観・考え方に触れることになります。「智徳」の根幹を養い、「全社会の先導者」になるために、バランスのとれた総合的な学びを目指しています。

選択科目

3年次には選択科目を置き、生徒各自の進路や知的興味に応じた専門的で学究的な知性と教養を獲得します。1・2年次に学習した基礎教養としての各教科の必修科目を土台にして、それぞれの知的関心を刺激し、大学進学を視野に入れた準備をしていきます。

卒業研究

3年次の卒業研究では、各教科が用意する多様な講座の中から、生徒各自がそれぞれの知的興味やニーズに合ったものを選び、論文や作品・実験記録等を作成します。必修科目の学習を通して獲得した教科横断的、あるいは専門的な知識を活用しつつ、テーマを絞った研究や学習をする中で、問題発見能力・問題解決能力・思考力・表現力等の総合的な知性を養います。

日吉協育モデル

第1・2学年用に同じ

協育プログラム

第1・2学年用に同じ


ページトップへ

慶應義塾高等学校