Home > 学校生活 > 教員紹介

教員紹介

なぜ漢文? 担当教科:国語 宮下 聖俊

 なぜ、昔の中国人が、昔の中国語で書いた、いわゆる漢文を、日本の国語・古典の時間に読むのでしょう。当然の疑問です。ちょっと次の二つの文を見比べてみてください。
  馬の特徴を描写した絵である。
  モバイルメディアのマーケティングからタイミングをはかる。
実は、内容に意味はありません。お互い何の関係もない二つの文です。しかしある見方からすれば、同じ性格を持っているように見えませんか。どうでしょう。それは、どちらもほとんど外来語からできた文だということです。
 幕末・明治維新の頃から、西洋の学術・文化を取り入れることに努力した先人達のおかげで、日本の近代化は成されました。種々の概念を摂取・消化していく過程で、これまで日本になかった言葉が、概念とともに日本語の文脈に取り込まれていったのです。そしてその努力は今でも続いているのですね(ただ先人達の苦労を顧みず、最近は外国語をそのままカタカナにしただけの言葉が多いとは思いますが、その話はまた別の機会があれば)。
 さて、時代を一気にさかのぼって、日本列島に住む人々がまだ文字を確立していなかったころ。漢文は中国から伝わって来ました。伝わって来てしまいました、とも言えるでしょう。われわれの先人達は、自分たちの言語習慣とは全く違ういわゆる漢文を、おそらく初めは外国語として扱い、そしてしだいに訓読という方法で日本語の血肉と化していきました。それまで日本にはなかった言葉が、概念とともに日本語の文脈に取り込まれていったのです。
 その過程で、否応なく日本語自身も影響を受けて、表現を変化させていきました。そして例えば、一見表面的なことかも知れませんが、日本語で文章を書くことひとつをとっても、本来は中国語を記述するために創り出された漢字を用いなければ表記しきれない、という、実は重大な影響を受けてしまっているのですね。
 また、漢文で表現された古典的な教養は、そのまま日本の古典的な教養として扱われてきたわけです。それは例えば、大事な天下国家を論じる言説の中で用いられたり、もっとずっとお気楽な場、例えば古典落語のもとねたになっていたりもしています。否も応もなく、自然に日本人の意識に根付いて来たのです。日本人の意識形成の一翼を担ってきたのですね。
 ここまで来れば、もはや、自分たちとは全く関係のない昔の中国人が、昔の中国語で書いたいわゆる漢文、などという見方は成り立たない、という思いになりませんか。いかがでしょうか。
 ただし、漢文・漢語ももちろん外国語・外来語ですね(冒頭の例で言えば、「特徴」も「描写」も漢字の音そのままを用いた言葉〔いわゆる漢語〕ですし、「絵」も実は同じです。さらに「馬」も「ま」という漢字の音が日本語化したもの〔「梅」の「うめ」と同じ理屈〕と考えられます)。しかし、日本語化されてからの歴史があまりにも長いために、外国語・外来語とは感じなくなってしまっています。
 ここが、漢文を学ぶ際に気をつけたい要所だと、私は考えています。
 本来は外国語なのだという意識をついつい忘れて、漢文に接してしまう。そのために、余りにも日本語的な感性で漢文を処理してしまっている場合があるのです。例えば、本当は違うニュアンスを含み持った字であるのに、同じく「みる」って読むんだから「見」も「視」もみるんでしょ、「きく」って読むんだから「聞」も「聴」もきくんでしょ、と考えてしまいがちです(ではなぜ「視聴」・「見聞」とは熟しても、「視聞」・「見聴」とは普通は熟さないのでしょう)。こうして、われわれは、訓読という便宜的な方法によって失われてしまう語感があるということに無頓着になってしまい、結果的に漢文の、漢字と漢字の間にある生き生きとした感性まで読み取ることなく、漢文を処理してしまいがちなのです。これはひいては、間違った中国理解にもつながっているという、非常に根深い問題(日本人のイメージの中の中国・中国文化と、実際のそれとのギャップやそこから起こる誤解など)をも含んでいるように思います。
 どこまでいってもこの現在という場でしか生きられない自分という存在が、言葉を媒介にして、昔の日本人や、さらには昔の中国人の考え方や意識(世界観)を理解しようとする時、それらを通して、かえって自分という存在がみえてくると感じることがあります。まるで鏡のように。そこからは、いわゆる東洋文化と西洋文化の共通点や差異も見えてくるかも知れません。
 みなさん各人の好みによって他の何でも良いのですが、そのような複数の視点を自分の中に形成すべき時期に、漢文というものも十分にそのきっかけになり得るのだ、と私は伝えておきたいと思います。自らの経験を元にして。
 ただし、そのような可能性を持った漢文を、その可能性とともに読み解くためには、いくつかのコツがあります。なにせ、シカクシメンな漢字だけで書かれた漢文を読むのですから、急いで齧んで飲み込もうとすると歯を痛めたり消化不良を起こしてしまいます。ではどうするか、それは授業でお話ししたいと思います。
 このような意識のもと、外国語でありながら日本の古典の一領域でもあるという漢文の授業をしに、私は今日もこの塾高の教壇に立っています。

担当教科:国語 宮下 聖俊 [2012年4月掲載]

  • 「なぜ?」から始まる学問の扉 担当教科:社会科 芝山 愛
  • なぜ漢文? 担当教科:国語 宮下 聖俊
  • 過去から未来への意思決定 担当教科:社会科 榎田 愛
  • ことばと思考 担当教科:中国語 荻野 友範
  • 異なる言語を学ぶとは 担当教科:第二外国語科(仏語) 芹川 青甫
  • なぜことばを学ぶのか 担当教科:英語科 北川 彩
  • 自由の伝統のなかで 担当教科:社会科 新井 信之
  • 最近思っていること 担当教科:数学 鈴木 悠葵
  • 充実した学校生活 担当教科:家庭科 前原 美加
  • ことばを楽しむ 担当教科:ドイツ語 吉村 創
  • 豊かな人生を送るために 担当教科:音楽 塚原 理
  • 慶應義塾で学ぶということ 担当教科:国語 石川 俊一郎
  • 「心身之順是柔道」 担当教科:体育 鏑木 文隆
  • 美術の基礎とはなにか 担当教科:美術 矢澤 健太郎
  • 活きた科学を学ぼう 担当教科:地学 松本 直記
ページトップへ

慶應義塾高等学校