Home > 学校生活 > 教員紹介

教員紹介

過去から未来への意思決定 担当教科:社会科 榎田 愛

 慶應義塾高校に勤めてからの毎日は、とても刺激的です。塾高生の創造性や発想力には目を見張るものがあり、教員である私のほうが色々と教わっています。
 塾高生に伝えたいことは数多くありますが、特に意思決定の力を養って欲しいと思っています。自分で考えて行動をすることには責任が伴います。高校時代にその前提となる意思決定を学ぶことは、これからの現代社会を生きていく上できっと役に立つでしょう。
 世界史では歴史的に有名な出来事や人物、作品がたくさん登場します。授業では、過去の事象を意思決定論的な視点で捉えて現代社会との相違を感じ取り、そして未来へと繋げることを目標にしています。
 塾高生の知的好奇心を満たせるようなオリジナリティ溢れる授業を展開すべく、今後とも日々勉強の積み重ねです。

担当教科:社会 榎田 愛 [2011年9月掲載]

  • 「なぜ?」から始まる学問の扉 担当教科:社会科 芝山 愛
  • なぜ漢文? 担当教科:国語 宮下 聖俊
  • 過去から未来への意思決定 担当教科:社会科 榎田 愛
  • ことばと思考 担当教科:中国語 荻野 友範
  • 異なる言語を学ぶとは 担当教科:第二外国語科(仏語) 芹川 青甫
  • なぜことばを学ぶのか 担当教科:英語科 北川 彩
  • 自由の伝統のなかで 担当教科:社会科 新井 信之
  • 最近思っていること 担当教科:数学 鈴木 悠葵
  • 充実した学校生活 担当教科:家庭科 前原 美加
  • ことばを楽しむ 担当教科:ドイツ語 吉村 創
  • 豊かな人生を送るために 担当教科:音楽 塚原 理
  • 慶應義塾で学ぶということ 担当教科:国語 石川 俊一郎
  • 「心身之順是柔道」 担当教科:体育 鏑木 文隆
  • 美術の基礎とはなにか 担当教科:美術 矢澤 健太郎
  • 活きた科学を学ぼう 担当教科:地学 松本 直記
ページトップへ

慶應義塾高等学校