Home > 学校生活 > 歌集

歌集

『慶應義塾塾歌』作詞:富田 正文 作曲:信時 潔
Play

  1. 一、

    見よ
    風に鳴るわが旗を
    新潮寄するあかつきの
    嵐の中にはためきて
    文化の護りたからかに
    貫き樹てし誇りあり
    樹てんかな この旗を
    強く雄々しく樹てんかな
    あゝ わが義塾
    慶應 慶應 慶應
  2. 二、

    往け
    涯なきこの道を
    究めていよゝ遠くとも
    わが手に執れる炬火は
    叡知の光あきらかに
    ゆくて正しく照すなり
    往かんかな この道を
    遠く遙けく往かんかな
    あゝ わが義塾
    慶應 慶應 慶應
  3. 三、

    起て
    日はめぐる丘の上
    春秋ふかめ揺ぎなき
    学びの城を承け嗣ぎて
    執る筆かざすわが額の
    徽章の誉世に布かむ
    生きんかな この丘に
    高く新たに生きんかな
    あゝ わが義塾
    慶應 慶應 慶應

『若き血』 作詞・作曲:堀内 敬三
Play

  1. 若き血に燃ゆる者
    光輝みてる我等
    希望の明星仰ぎて此処に
    勝利に進む我が力
    常に新し
    見よ精鋭の集う処
    烈日の意気高らかに
    遮る雲なきを
    慶應 慶應
    陸の王者 慶應

『慶應義塾高等学校の歌』 作詞:村野 四郎 作曲:服部 正
Play

  1. わかき日の あこがれは
    くれないの
    薔薇と燃えたつ
    ああ 三色の旗のもと
    誇りたかき丘の上に
    きょうもわきたつ
    青春の歌
    たからかにうたいつつ
    たくましく 鍛えつつ
    ゆけよ
    独立自尊の道
    新しき世紀のゆめの
    燎乱と
    花咲く日まで
    おお慶應 慶應
    若き 慶應 われら

[塾歌]
慶應義塾の校歌。昭和15年に作られた。慶應義塾では、様々な行事の折に歌われている。

[若き血]
慶應義塾の応援歌。昭和2年に作られた。慶應義塾の代表的な応援歌として、様々な試合や集いで歌い継がれている。

[慶應義塾高等学校の歌]
昭和43年、高等学校創立二十周年記念の折に作られた。現在、学校行事では塾歌が歌われる。

ページトップへ

慶應義塾高等学校