Home > ニュース > スキー部 鈴木君 全国高校選抜・アルペンで2種目優勝。総合優勝も

スキー部 鈴木君 全国高校選抜・アルペンで2種目優勝。総合優勝も

2021年3月12日

3月9日から12日、長野県山ノ内町志賀高原で開催された第33回全国高等学校選抜スキー大会(アルペン競技) に鈴木一生君(2年)が出場し、3種目中2種目(大回転および回転)で優勝しました。さらに3種目の総合結果で争う同大会の男子個人総合でも優勝しています。
1月9日から3月8日までの本校のクラブ活動全面禁止の影響で、10日に行われた高速系種目であるスーパー大回転は、危険を回避するために棄権しました。その悔しさに、2月に優勝候補の一人であったインターハイの出場も辞退した悔しさを足し合わせて大きな強いバネにして、2日間4本の滑走でジャイアントスキー場の急斜面に果敢に挑みました。特に回転種目では、2本とも他を大きく引き離し、合計で2位に3秒近くの差をつける勝利でした。本校スキー部の全国大会での優勝は史上初です。
なお、鈴木君は3月3日に北海道釧路市阿寒湖畔スキー場で行われた 全日本スキー選手権大会 アルペン競技 男子回転種目でも4位に入賞しています。上位3名は社会人2名と大学生1名でした。(クラブ活動全面禁止期間中も、個人として活動までは制限されていませんでした)


慶應義塾高等学校