Home > ニュース > 協育プログラム「理系ノスヽメ」講演会(第3回)が開催されました

協育プログラム「理系ノスヽメ」講演会(第3回)が開催されました

2018年10月23日

10月22日、日吉協育ホールにて、協育プログラム「理系ノスヽメ」講演会が開催されました。第3回目となる今回は、理工学部数理科学科・亀谷幸生准教授を招聘し「『積分表示』と『近似』の美しい世界」という演題で行われ、中学校で習う速度と距離の関係から始まり、それらの間の微積分による対応関係、さらにその対応関係を利用して円周率の美しい近似式を導きました。また、講演会後半では破産確率の話や、数学の現象との関わりについてもお話されました。参加した生徒たちは、話の随所で数学が数学自体を理解するために深く考える事を要求する学問であることを体感し、20数名と少人数ではありましたが大きな刺激を受けた様子でした。


慶應義塾高等学校