Home > ニュース > ディベート部、関東甲信越地区秋季大会優勝(2年ぶり2度目)と準優勝(2年連続2度目)を分け合う、関東最優秀ディベータ―に村田賢信君が選出される

ディベート部、関東甲信越地区秋季大会優勝(2年ぶり2度目)と準優勝(2年連続2度目)を分け合う、関東最優秀ディベータ―に村田賢信君が選出される

2015年11月25日

第19回関東甲信越地区中学・高校秋季ディベート大会が11月23日(祝)女子聖学院中学校・高校(東京都北区)で開かれ、1都7県から48チームが参加しました。本校はそのなかでディベート甲子園論題部門に2チームが参加しました。決勝は予選を全勝で通過した慶應義塾高等学校A・B両チーム同士の対戦となり、関東甲信越大会で優勝・準優勝を分け合いました。また関東甲信越地区のベスト・ディベーター賞に本校2年村田賢信君が選出されました。

●関東甲信越支部 試合結果詳細
http://archives.mag2.com/0000068464/20151123181056000.html

【ディベート甲子園論題部門・高校の部】
「日本は裁判員制度を廃止すべきである。是か非か」
*裁判員法が定める規定をすべて廃止し、職業裁判官のみによる裁判制度に戻すものとする。

優勝:慶應義塾高等学校A
準優勝:慶應義塾高等学校B
3位:渋谷教育学園幕張高校A

<<関東ベストディベーター賞>>
村田賢信(慶應義塾高校・第2反駁)


慶應義塾高等学校