Home > ニュース > ディベート部、3年連続6度目となる甲子園出場を決める

ディベート部、3年連続6度目となる甲子園出場を決める

2015年6月15日

2015年6月14日(日)、広尾学園で行われた第20回全国ディベート甲子園関東甲信越大会1日目において、本校ディベート部が3年連続6度目のディベート甲子園(全国大会)出場を決めました。
?
本校ディベート部は、
1回戦:慶應義塾高等学校 2(47)-1(46)渋谷教育学園幕張高校(千葉)
2回戦:慶應義塾高等学校 3(51)-0(42)東海大学付属高輪台高等学校(東京)
?
2勝0敗の成績で全体暫定4位で1次予選を通過、
?
3回戦:慶應義塾高等学校 2(51)-1(50)広尾学園高校(東京)
3勝0敗の成績で全体暫定3位で2次予選を通過、
?
代表決定戦:慶應義塾高等学校 4(89)-1(84)鎌倉学園高校(神奈川)
*( )内の数字はコミュニケーション点。
?
代表決定戦を勝利したことにより6月の関東甲信越地区代表校2校の枠に入りました。
この結果、ディベート部は3年連続6度目となる甲子園への切符を手にしました。
?
 ディベート甲子園全国大会は2015年8月8日から10日にかけて女子聖学院高校(東京都北区)で開催されます。


慶應義塾高等学校