慶應義塾高等学校野球部の歴史

― エンジョイ・ベースボールの軌跡 ―

 

慶應義塾高等学校野球部は輝かしい歴史と伝統に包まれている。その起源は1888年の三田ベースボール倶楽部の結成に遡ることができる。1892(明治25)年には慶應義塾体育会が発足し、野球部も名を連ねた。前身の慶應義塾普通部は1916年(大正5)年、第2回全国中等学校野球大会(現在の夏の甲子園大会)で優勝、1920年(大正9)年の第6回大会でも準優勝を成し遂げている。もうひとつの前身、慶應義塾商工学校も甲子園の舞台に何度も立ち、球史に大きな足跡を残した。1962(昭和37)年以降は、決勝まで数度進むも後一歩いうところで涙を飲み、ながく甲子園の舞台から遠ざかっていた。しかし、2005(平成17)年、第77回選抜高等学校野球大会に関東代表として45年ぶりに出場、みごとベスト8進出を果し復活の狼煙をあげた。1949(昭和24)年に横浜市日吉に移転するまでは東京都大会で戦っていたが、現在は高校野球のメッカ、神奈川県の中で強豪校としのぎを削っている。他校と一線を画した自由を重んじる伸び伸び野球は「エンジョイ・ベースボール」の名で広く親しまれている。これまでに春8回、夏17回、甲子園に出場している古豪である。

(詳しい戦績は「記録」の頁へ)

 

塾高野球部略年表

※戦績は県大会準優勝以上のみ表記

1888 (明治21)

創部  三田ベースボール倶楽部結成(慶應義塾野球部の起源)

1892 (明治25)

慶應義塾体育会創設

1916 (大正 5)

全国中等学校野球大会優勝(以下甲子園と略す)(普通部)

1917 (大正 6)

甲子園()ベスト8 (普通部)

1918 (大正 7)

甲子園() 米騒動で中止 (普通部)

1919 (大正 8)

甲子園()ベスト8 (普通部)

1920 (大正 9)

甲子園()準優勝 (普通部)

1921 (大正10)

甲子園()初戦 (普通部)

1929 (昭和 4)

甲子園()初戦 (慶應商工)、甲子園()初戦 (普通部)

1930 (昭和 5)

甲子園()初戦 (普通部)

1933 (昭和 8)

甲子園()初戦 (慶應商工)

1937 (昭和12)

甲子園()初戦 (慶應商工)、甲子園()2回戦 (普通部)

1947 (昭和22)

甲子園()2回戦 (普通部)、甲子園()初戦 (慶應商工)、甲子園()初戦 (慶應商工)

1948 (昭和23)

慶應義塾高等学校開設。学制改革に伴う新制高等学校の野球部として再出発。甲子園()初戦

1949 (昭和24)

校舎日吉に移転 甲子園() (慶應二)・甲子園() (慶應)

関東大会()

1950 (昭和25)

神奈川県高野連に加盟

1951 (昭和26)

嵐ガ丘球場完成 (完成記念試合 湘南高校)

1953 (昭和28)

関東大会()甲子園()

1955 (昭和30)

関東大会()

1956 (昭和31)

甲子園()

1958 (昭和33)

関東大会()、赤木健一(OB) 東京六大学野球リーグ() 首位打者

1959 (昭和34)

関東大会()

1960 (昭和35)

関東大会()甲子園()ベスト8

1962 (昭和37)

甲子園()

1964 (昭和39)

渡辺泰輔(OB) 東京六大学野球リーグ() 完全試合達成

1966 (昭和41)

ハワイ遠征

1967 (昭和42)

宇賀山 徹(OB) 東京六大学野球リーグ() 首位打者

1969 (昭和44)

ハワイ遠征

1970 (昭和45)

日吉台球場完成(嵐ガ丘球場が理工学部建設に)

1973 (昭和48)

宇賀山 徹(OB) 都市対抗野球橋戸賞(最高殊勲選手)

1977 (昭和52)

清水健五(OB) 東京六大学野球リーグ() 首位打者

1982 (昭和57)

日吉倶楽部(OB)が本格的に活動を開始

1994 (平成 6)

ウェイト・トレーニングジム完成

1995 (平成 7)

関東大会()ベスト8、県大会準優勝(春・夏)

1998 (平成10)

県大会準優勝()、関東大会()、佐藤友亮(OB) 東京六大学野球リーグ() 首位打者

2003 (平成15)

早慶戦100周年(慶應義塾大学)

2004 (平成16)

県大会()準優勝、関東大会()ベスト8、慶應義塾長賞受賞(野球部)

2005 (平成17)

甲子園()ベスト8、県大会準優勝(春・夏)、関東大会()準優勝

2007 (平成19)

室内練習場完成、県大会()優勝、関東大会()ベスト4、県大会()ベスト4、県大会()準優勝、関東大会()準優勝、慶應義塾長賞受賞(野球部)、校長賞(野球部)

2008 (平成20)

甲子園()、県北大会()優勝、甲子園()ベスト8、県大会()優勝、関東大会()優勝、明治神宮大会優勝(秋日本一)、神奈川スポーツ大賞受賞(野球部)、慶應義塾長賞受賞(野球部)、小泉体育賞受賞(野球部)

慶應義塾野球部創部120周年

2009 (平成21)

甲子園()、校長賞(白村明弘)

白村明弘がアジアAAA日本代表として銅メダルに貢献

2011 (平成23)

野球部管理棟完成、県大会()優勝、スリランカU18と国際親善試合、校長賞(野球部)、小泉体育賞受賞(谷田成吾)、谷田成吾がアジアAAA日本代表として日本優勝に貢献、ベストナイン(一塁手)

2012 (平成24)

阿加多直樹(OB)が東京六大学野球リーグ() 首位打者、小原徳仁が神奈川県選抜副将としてスリランカに遠征、校長賞(河野周、小原徳仁)

2016 (平成28)

県大会準優勝()、県大会()優勝、関東大会()ベスト8、校長賞ダブル受賞(野球部3年、1・2年)

2017 (平成29)

県大会()準優勝、関東大会()ベスト4、校長賞(野球部1・2年)

2018 (平成30)

甲子園()甲子園()

慶應義塾野球部創部130周年

 

 

Back