慶應義塾高等学校の歴史

 

― 福澤諭吉の精神脈々と ―

 

慶應義塾の歴史は、1858(安政5)年に福澤諭吉が開いた蘭学塾に始まる。1868(慶應4)年には、当時の元号にちなんで慶應義塾と名づけられた。その後、幼稚舎が、そして大学部が発足し、1898(明治31)年には、幼稚舎・普通部・大学部からなる慶應義塾の一貫教育が完成を見ている。その後も留学生派遣や国立大学に先んじた大学院設置、将来の社会に対応した新学部の設置など、時代に先駆けた教育を行ってきた。

慶應義塾高等学校は、戦後の学制改革に伴い、慶應義塾の新制高校として1948(昭和23)年に開設された。当初、慶應義塾第一高等学校、第二高等学校の名称のもと、仮校舎を東京都港区麻布新堀町に置くが、翌49年には両校を統合して慶應義塾高等学校と改称し、同時に校舎を三田山上に移転した。同年秋、米軍に接収されていた旧大学予科校舎が返還されるにともない、横浜市日吉に移転。爾来、この地に校舎を構える。

本校は開設以来、慶應義塾の輝かしい伝統の中で、「独立自尊」を教育理念に、歴史をかさねてきた。「不透明な時代」といわれる今日にあっても、社会を先導していく「気品の泉源、智徳の模範たらん」人材の輩出をめざし、たゆまぬ研鑚と「敢為の精神」をもって未来に臨んでいる。

 

慶應義塾略年表

 

1858年(安政  5年)

福澤諭吉蘭学塾を開塾

1868年(慶應  4年)

塾を慶應義塾と命名、近代私学としての道を歩き始める

1871年(明治  4年)

校舎を三田に移転

1874年(明治  7年)

和田塾開設

1880年(明治13年)

和田塾を幼稚舎と改称

1890年(明治23年)

大学部発足に伴い、従来の正科、別科を普通部と総称

1891年(明治24年)

商業学校の開設

1892年(明治25年)

慶應義塾体育会創設

1898年(明治31年)

幼稚舎から大学までの慶應義塾一貫教育の完成

1905年(明治38年)

商工学校の開設

1934年(昭和9年)

日吉キャンパスを開設し、大学予科を移転する

1944年(昭和19年)

専門学校令により、獣医畜産専門学校の開設

1947年(昭和22年)

学制改革により、普通部を新制中学に転換。また男女共学の中等部を開設する

1948年(昭和23年)

新制高等学校として「慶應義塾第一高等学校・第二高等学校」が発足し、三ノ橋仮校舎にて授業を開始する

1949年(昭和24年)

慶應義塾第一高等学校・第二高等学校を併合し、「慶應義塾高等学校」と改称する。校舎は日吉キャンパスの旧大学予科を使用することになる。

1950年(昭和25年)

女子高等学校の開設

1957年(昭和32年)

農業高等学校が志木高等学校に転換

1990年(平成  2年)

ニューヨーク学院の開設

1992年(平成  4年)

湘南藤沢中等部・高等部の開設

2001年(平成13年)

福澤諭吉没後100年

2008年(平成20年)

慶應義塾創立150年

 

 

Back