慶應義塾高等学校 第70代生徒会長

上田 貴大

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

これからの塾高生活を共に過ごす在校生を代表して御祝い申し上げます。

生徒会長挨拶として、新入生の皆さんには2つのことを伝えたいと思います。

1つ目に、塾高に入学された皆さんは今、新たな気持ちで学校生活を送ろうという意欲に溢れていると思います。しかし時が経つにつれ、ある者は自分の道を見つけ輝き、ある者は自分を見失い堕落してしまいます。 塾高は1学年700名、全校生徒2000名を超える巨大な組織です。そして、同じ個性を持つ生徒は一人もいません。2000人全員がそれぞれに輝くことができる反面、大きな組織の集団心理に溺れて自分を見失う危うさも内包しているのが、この慶応義塾高校であるということを忘れないでください。 また、皆さんは義務教育を終え大人の階段をまた一歩上りました。義務教育時代とは違い、誰も守ってくれません。自分の行動にしっかりと自覚と責任を持つようにしましょう。

2つ目に、塾高の一つの特徴でもある、「自由」について伝えたいと思います。
塾高はほかの高校とは違い、縛りがかなり少ない高校です。そのため、校則というものに邪魔されず、いろいろなことにチャレンジできます。しかしあくまでもこれは学校と生徒間の「信頼」によって保たれています。個々の身勝手な行動で、この「信頼」と「伝統」を崩すことのないように十分注意してください。

最後になりますが、高校生活は一生で一度しか訪れません。
そして、映画などでいわゆる「青春」と呼ばれるのはまさにこの高校生活です。
是非、何か一つの大きな目標を持ち、責任をもって頑張ってほしいと思います。
悔いのないように、思いっきり、楽しみましょう。

改めまして、皆さんのご入学を心より歓迎いたします。

慶應義塾高等学校第70代生徒会長 上田貴大